2006年10月29日 (日)

ふむむむ

そういえば、某氏に「ブログを移転してほしい」と言われました。

私のニフティブログでは、携帯で見るとかなり見づらいらしいです。

前々から、思ってはいましたが携帯だと見づらいのですよね。

もっといいブログもあると思いますので移転を考えようと思います。

そもそも、ニフティはメンテナンスやエラーが多すぎる

勿論、私と相互リンクして下さっているサイト様には、ご報告致します。

 

個人的にアクセス解析等機能があれば、有難いけれど果たしてあるかどうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

ムラのありすぎる雀士

今日も、リアルの誘いがあったのでネット麻雀。

 

いつも通り、ビギナーなO、麻雀強いYと理論派Fと私。

今日の私は、1位と4位が半々のみ!!。

何と、戦績に恐ろしくムラがあるのだろう…。ロンされる率が高いからかもしれません。

 

Oがネ申がかっており、親でドラタンヤオ等その他色々でオール12000点。

次に、三暗刻+清一色+ドラという恐ろしい役でFが-20000点越えしていました。

 

強いYも、最後の局でマイナススコア(眠たかったらしい)と波乱。

と、まあ非常に激しい麻雀でした。

麻雀ブログになってしまっているけど大丈夫だろうか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

不調↓↓

うちで、リアル麻雀をやりました。

半荘と東風2戦。結果、4位、4位、3位。なんということだ。

理論派Fと、一番強いY、初心者Oと麻雀荒しの私。

というのも、私が上がると荒れる展開になる…らしい。(友人談)

  

半荘東の時は、親満貫12000点を放ったものの、

Oの糞手アガリや、Yのツモ、とどめのFのドラ5(カンしたらドラ4だった)で12000点。

最後だったので、危険とわかりながらも純チャン狙いで一発逆転を試みましたが失敗。

東風も、リーチはかかっても先に上がられる嫌な展開でパッとせず。

0時に終えるといいつつ、結局夜の3時半。

これだけ時間をかけておいて、嫌な形で終えてしまいました。

この結果、500円近く損して終了。(金賭ける面子だとこうなります

で、今日起きてちょろっとネット麻雀やって4位、4位、3位。

リアルと同じって何ということでしょう。

どうやら、運気が無いようです。

麻雀時に時折見せた、張角(マイナー)のしぐさが原因だったかもしれません。

他、松井のモノマネや、ミスターのモノマネなども有り得る(似てませんが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

全国共通!?流行したもの

小学校~中学校まで、流行しただろうと思うものを挙げます。

・ミニ四駆

私が、小3~小5ぐらいまで?もの凄い流行した。

皆、パーツ買ったり、肉抜き(うろ覚え、パーツのフレームを除去して軽量化する)したり。

全国で大会がやっていたぐらいだし凄かった。

 

・ポケモン

言わずもがな。クラスのほぼ全員が持っていた。

バグを見つけた時はビビったなー。通信ケーブル所持者もいた。

これは、小学高学年ぐらいから徐々に廃れたがごく一部が中学までやっていた。

 

・ポケモンカードゲーム

ポケモン発売後、暫くして出たやつ。

これも、ポケモンほどで無いけど流行りに流行った。

 

・遊戯王カード

今も子供達の間でやっているのかな。小学高学年~中学1年辺りに流行った。

GBで発売したものも中々ブームだった。

 

・マジック

これもカードゲーム。字は、間違っているかも。これも中学で流行した。

これを、とにかく買いまくる者が多かった。イラストがリアリティ。

 

・DQテリーのワンダーランド

中学時代、ブームだった。モンスター集めるゲー?

わざわざ、モンスター入手方法が書かれた紙をコンビニでコピーするぐらいだった。

 

ちなみに、私がこのブームに乗ったのは、何とポケモンのみです。

乗った訳でなく、ただ面白そうだから即買っただけですが。

 

他は、どの程度かというと

・ミニ四駆…昔、○ロ○ロで連載していた漫画を読んだぐらい。

やはり、印象に残るシーンは「踏み潰せ、ブロッケンG!」

あと、生では見てないけどアニメ版でやっていたらしくブロッケンGが、

鍾乳洞を破壊しながら進行するところとか、むちゃくちゃすぎです。

 

・ポケモンカード

○ロ○ロの付録についていたのを取っておいたぐらい。

別に、使用はしていないです。

 

・遊戯王カード

よくは分からないけど、ブルーアイズというのが最強クラスで激レアみたい。

これ、店で何千円で売っていたりした覚えが。

 

・マジック

これも、あまり分かりませんが白や青といった色があるみたい。

属性?、それとも色を統一しないとデッキが組めないのかな。

 

・DQテリーのワンダーランド

DQは知っているけど、この内容は分かりません。とりあえずスライムは出るのでしょう。

 

皆さんも、昔学校でこのようなものが流行ったのでしょうか。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年10月 6日 (金)

雨と風が強い日

今日は、午後から授業の日。

ビニール傘をさしてから僅か3秒で突風により傘がボギっとなりました。

結構使用していたので潮時かも。

で、風が強いので折れそうになりつつも折りたたみ傘で移動。

ズボン表側濡れました。ついでに靴も。

仲間がいるのか、傘を折った者が非常に多く、正門辺りに折れたビニール傘や

とある棟のゴミ箱(かん)に、5本以上はあるだろうとたくさんの傘が捨ててありました。

ゴミ箱にあるのは、まだ良しとしても外に放りっぱなしの傘は許せないですね。

しっかり、責任持って処分して欲しいものです。

皆さんも、このような雨風の強い日は気をつけてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

山の一つであるプレゼンテーションを終えました。

前々から編集を加え、プレゼン中のパワーポインタで間違わないように、

分かるように印をつけ万全と心の中で思っていました。

 

いざ発表後、先生の評価激しい口調の否定はありませんでしたが

否定、否定、否定…。発表の丁寧さや説得力に欠ける等。。

言っていることは、間違い無いとは思いますが肯定もして下さい。

丁寧さがラフなのは、学会では無いので学生向きな口調で言っただけの話。

もしかしたら、学会前提の発表を想定していたのかもしれませんが。

今日発表した他2名もポインタに内容を突き詰めすぎや、文字が小さい。

緊張しているのか、口調が速過ぎで短く終えてしまう等、多彩なことを言われましたが、

私が一番否定を喰らったような気がします。かなり最初の方の発表なので、

仕方ないかも分かりませんが。

しかし今日は、そういう日で凹みました。頑張って編集して失敗に終えるとは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月30日 (土)

最も危うい日だった

今日は、少しでもプログラムを打てるようになるため、大学に行って

JAVA打ってました。といっても、if文やdo while文などといった簡単なものですが。

3単位故に、落とせないのです。話だとC++よりも易しいみたいです。

 

午後4時前に、大学から出て、スーパーで買出し。

2000円級の買い物を終え、帰る。そして帰って気付きました。

PCねぇーーーー

PCは、大学でもよく使うので生命線的なもの。焦りに焦る。

確実にスーパーに置き忘れたので探すも見つからず、また家に戻り周りを探す。

そして、またスーパーに向かう。

この時の心情

(やばいやばい、本当にやばい。僅かの時間で誰かが盗ったのか?)

置き忘れたと思われるポイントをまた見回すと、

レジの後ろに私のPCバッグが。どうやら店が保護していたようです。

これを見つけたのは、買った時にお会計したレジの若いねーちゃんみたいで。

ねーちゃんに大大大感謝です。

今年、リアル内で最も非常に激しかった日でした。

 

リアル…ということで、高校時代に非常に面白かったものを紹介。

 http://omomani.blog53.fc2.com/blog-entry-1111.html

リアルアンパンマンという、BM98にあったものです。

…とにかく、何かのパクリネタが多いです。

最後が、ちょっと物足りないやも。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木)

喰らいついて取り組むべき

今後、今大学でやっている中で、大変なものは3つです。

一つ目は、JAVA言語

二つ目は、プレゼンテーション

三つ目は、ネットワーク実験

 

まず、JAVA。C++でしくじった私なので本気で取り組まないとまたしくじる。

まだ、コンストラクタだの、メソッド等はっきりしないものは出ていないものの、

すぐに現れるので、ソースを日ごろ打って勉強しないとやばいです。

 

次にプレゼンテーション。来週、前期で考えたテーマの発表をしなければなりません。

何れ、9割の確率で発表するので早めにやるのは得策だろうと2週目の授業で

自ら志願。最初発表した人がお手本並なので、かなり劣るプレゼンになりそうです。

今の原稿で20分間発表は無理そうなので余談やら無駄知識等で時間を少しでも

稼ごうかと考え中。

脳内データに溜め込めば、最後の質疑応答は返せるはず。

あとは、いざ分からない場合は本で調べた結果○○と出てました

と上手く煙を撒こうかな。

発表さえ終えてしまえば、後は他の方の発表について書くだけなので苦で無いです。

 

最後の実験は、何が面倒かと言えばレポートです。

実験後の1週間以内に出さなければならないので大学生の方なら痛いほど

この面倒くささが分かるはず。それに2限分あるのに2単位という割の悪さ。

必修で無ければ、恐らく別のを取っていました。

とはいえ、学部によっては、2回やったり等で私の学部で生温いかもしれませんね。

私の大学にもある工学部(機械や応用科学や電気工学)は、大変そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

裏が残酷とは

今日の1限目の先生が、キティちゃんで有名なサンリオの裏話をしてくれました。

サンリオは、たくさんのキャラクターグッズを作成して明るそうで活気ある会社に

思いがちですが、実は裏があるらしいです。

聞いた話だと、サンリオは小売店いじめが好きで売れないと思われる商品を

勝手に「売れます」と、地方の商売の知識が薄いおじさん、おばさんに売りつけ、

金を儲け売れない場合は、

「あれ、おかしいですね。データでは売れるようになっていたのですが…」などと

言うようです。しかも普通売れない商品は、返品できるはずですがサンリオでは

出来ないとか。そうやって、小さい店がバタバタ潰れるようです。

勿論、新宿の大型店にキティちゃんでも置けば、まず売れますので

表向きは普通なのですが。

小さい店を構築して売上を伸ばす。などというカッコイイことは言えませんね。

そんなことを言ったら、上層部から「お前は、頭悪いな」と言われそう。

企業は、今の利益第一という考えなのは十分分かりますが。

もし、この話が真実ならば絶対に就きたくないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

大勝ち

部活終了後(PC関連)ウノをやっていました。

この日は、有り得ないほどの安定した強さで大勝ちです。

説明書に従って(いるらしい)のルール

・ドロー2出されたら、ドロー2で反撃の他に色が合えばリターン、スキップも可。

・ドロー4は、ドロー4か色宣言後の英字のあるカードは出せる。

・2枚以上の数字でアガリはあり。

・英字・ドロー4・ワイルドのアガリは無し。

ドロー4を出しても安心とは言い切れないルールとなっています。

 

人によっては、戦術が色々あります。

例えば、序盤から攻めて隣側のカードを増やしまくる者、

特殊カードを温存して、相手が出してきても対応できる確率をあげている者、

相手のカードを整理したりするのを見て、どんなカードを大よそ見分ける者等。

ちなみに、私の戦術は…多少経験を積んだ結果

・ハッタリやダマを多用。

・2枚、3枚上がりを非常に使う。

・そして、いやらしくカードを出す(戦術ではない)

 

ここで、いやらしくカードを出すやり方を紹介。

自分の番になり、次の人が上がりそうになったら特殊カードをわざと一枚落とす。

「ん~、どうしようかな…。あっ、やべ」 ぽとっ、とドロー4。

ウノアガリで、しっかりと2枚以上重ねて上がる。

例:赤5を出され、自分が赤3、青3があり、青3のみ見えるように出し

「あっ、やべ。赤5じゃないか。間違えた…なんてねっ」っと赤3をちらっと見せる。

 

今回は大勝ち故、次やる時は大敗になりそうで怖いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)