2006年10月23日 (月)

おっとっと

今日、有名なやわらか戦車のフラッシュを皆で見ていたところ友人が

「90式戦車先輩の口調、似ているんじゃね?」

と言われました。まあ大概一致で私と近いみたいです。

 

今日は、政治の話を。

選挙がありました。初の選挙権なのでチャリで移動して、

投票してきました。結果、自民が勝利という形でしたけれど。 

 

政党が、一般的に知られているものを個人分析してみたいと思います。

自民メインで

 

自民党…大勢力を誇る与党。安倍総理を軸に活動。

が、この安倍総理何故か華が無い…。前のライオン総理が派手で大胆な政策や

強力な発言をしたからだとは思いますが。

地味、とにかく地味です。彼は、経営に失敗しても再チャレンジできるような政策や

拉致問題について重視しているようです。

そもそも、安倍総理が圧倒的だったのは、ライオン総理の意思が近かったからでは

無いかと思われます。私的には、麻生さんの方が、

何かしでかす可能性が高いので麻生さんの方が良かったなぁ。

自民って、ずっと議席を確保してますが、いい加減変わるべきでしょう。

アメリカを例に挙げると、共和党と民主党が接戦となってます。

今のようなぬるま湯に浸かったような地味ン党だと、

いつ、政権交代されるかという緊張感が無く発展しなそうです。

 

民主党…菅直人氏や小沢一郎氏が率いる政党。

前の岡田氏(実はジャスコの社長(会長かも)?の息子)や前原氏は失敗に終え、

極めてマズイが、菅&小沢パワーでかろうじて応えている感じ。

世間一般、新聞などでは、「民主は何がしたいのか分からない」など挙げられますが、

そんなことは無いと思います。少なくとも、選挙演説を聴いていた私は、

一旦民主に任せるべきでは無いかと思います。

税金問題や雇用問題などを挙げる民主党は、今後の未来を創ってくれるでしょう。

…というのはオーバーですが、彼らが、あれだけ強く言うのならぬるま湯浸かっている

地味ン党より民主党に移った方が変化は起きるでしょう。

 

公明党…神崎直人氏が率いる自民と組む与党。

ハッキリ言って、私の両親この政党嫌いです。私も好きじゃありません。

創価学会など昭和初期に設立した団体みたいでHPを見ると、

まあいいことが書いてあります。

が、合成写真事件等とんでもないこともしてます。

学会とは言いますが、半ば宗教に近いです。

第二のカルト教団とかどこかに書いてありました。

 

共産党…志位和夫氏率いる政党。社会主義らしきことを唱えているのを

よく聞きます。消費税0なのは市民に有難いけれど社会主義で成功した国は、

無いのになぁ…。

 

社民党…福島氏率いる政党。憲法9条をとにかく重視。

しかし、議席を増やせないようで苦戦。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

数日前、ノースコリアが核実験を行ったらしいです。

威力が核としては弱く、実験は失敗に終わったみたいですね。

何のために、核実験を行っているかというと…確か、

電力不足なため、効率の良い原発を作るために実験をしている、だったはず。

でも、真の目的は核兵器を外国に売り込み、外貨を獲得するのが狙いらしいです。

あとは、持っているだけで威圧できます。

北の理想の策は…核とミサイルというカードを持っているため、他国が強行できずに

資金や食料援助を受けること。

しかし、現在経済制裁で逆の展開です。

相当、核実験を行ったりと北も焦っていると思われます。

日本、米国は、元々制裁加えたりしているに加えて中々制裁出来なかった

中国や韓国も動きを見せてきました。これでロシアも動きを見せれば、

北は孤立したようなものです。

米国が仕掛ければ、米と比較すると軍事的勢力に乏しい北は敗北確定です。

米が仕掛ける前に、ノースコリア一般人が一斉にクーデタを起こせばいいのですが。

北が滅んでも(南北統一すれば理想)、別に中国や米国が消えた訳で無いので、

日本国内の影響は微々たるものでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年9月22日 (金)

飲酒運転

今の期間は、飲酒運転防止のため取締りが強化されていますね。

ニュースで、この内容を一番見るのでこのことを少し自分の考えを軽く書こうと思います。

 

どうやら、データによると飲酒して運転したことがあると答えた人がかなりいたようです。

理由としては、自分は大丈夫だろうというもの。

飲酒した状態だと判断力の低下等、運転に与える影響は多々あります。

安易な考えをしているようでは、酒気帯び(酒酔い)運転は一向に減りません。

酒を飲んだら運転するな、また運転する者に酒を勧めるな、

私はこうでありたいと思います。

勿論、何れは酒を勧めようとする機会があると思いますが

たとえ、親友だろうと上司だろうと私はいかな状況であろうとNOと答えます。

 

運転する距離が近いから大丈夫?

少し飲んだ程度なら大丈夫?

この道路なら、取締りが無いから大丈夫?

 

駄目に決まっています。酒を含んでいる時点でもう運転してはいけません。

これ以上、加害者も被害者も出して欲しくないのです。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年6月 2日 (金)

超真面目な時事

今日の朝、早く起きたのでゆっくり新聞を読んでいたら

出生率が1.25と過去最悪という記事を見つけました。

私が、中学の時家庭科で学んだ時は、1.34ぐらいだったのですけどね。

ちなみに、東京都が最悪で、0.98という数値。

国会で少子化対策は、色々手を打っているように見えましたが

そうでも無い感じ。もっと、抜本的な改革をすべきかと思いますね。

 

少子化傾向に歯止めをかけるには、30代前半の世代が頼みの綱と思いますが

仕事量が世界的に多い日本では、中々子育てに手が回らないといった感じ。

企業が一人リストラしたら、残っている人達は、仕事量が増え勤務時間が

長くなったのにも関わらず、延長保育が充実している訳では無い。

しかも、最近は、小児科や産婦人科の医師が減り不安を募らせているのも

要因かと思われます。産みたいと思わないというのも無理ありません。

 

これを解消する策としては、様々な問題を解決すべきかと思います。

まず、今の働き方を変えねばなりません。景気は回復しつつあると

よく聞きますが、パートや派遣社員が増える一方です。

非正社員は、当然の如く、正社員より収入が低く不安定。

調査だと、正社員の4割が結婚しているのに対して、

非正社員は1割にも満たない。

将来に不安を持ち、自分の生活が一杯一杯の若者が結婚や子供を持つことなど

考えられるでしょうか。

正社員は、過労等が要因で労災認定が過去最高を更新。

背景には、過労というの名の長時間労働。

過去10年のデータだと、週60時間以上働いている人の割合が高い。

実にトンでもない数字だと思っています。

こんな企業の風土で子育てを満足に出来るとは思えません。

短時間勤務と、在宅勤務を組み合わせ、人生の様々な場面に応じた

働き方がいいと考えてます。

勤務の組み合わせが無理ならば、企業の上層部がもっと、頭使ってやりくりすべき

なのですけどね。新聞見てると、ムチャ言っているのが多くみかけますので。

 

で、減少する小児科医師と産婦人科医師をどう増やすか。

先週ぐらいでしたか、研修中の医師は、外科や内科が人気だそうです。

小児科や産婦人科の人気が無い理由としては

・辛い割に収入が無い

が主な理由らしいです。

一応、女性産婦人科医師は増えているのですが

何れは、子育てする可能性があるので、退職してしまうのです。

なので結果的に、増えません。

研修のうちに、小児科&産婦人科のイイトコロを見せたり

給与の見直しやシステムの改善をすれば、そちらの方に関心が深まると思います。

 

あとは、決め手を欠ける国会の案です。

変わった考えだと、中国の一人っ子政策の逆を突き、

二人っ子政策という案だと意外といいかも。

二人以上産めば、児童手当をさらに引き上げる等です。

国から、出産祝い金とかあれば、産む気も出たりしそう。

あとは、徹底的な育児支援をドンドンしなければいけません。

フランスやスウェーデンなどは、成功しているので日本だって出来るはずです。

 

予算は、国のムダ使いを全て削れば、そちらの方に回せると信じています。

社会保険庁のふざけっぷりを見れば一目瞭然です。

ムダな建設費や議員の給与ぐらいは、軽く削れるはずです。

 

…色々ネタが飛び交うブログなのに、今回のは自分が新聞の話題で

思ったことを長々と書いてしまった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)