2006年9月23日 (土)

またも両国へ

チケット取ったから行かないか、ということで親父と両国国技館へ行ってきました。

Kokugikan ←国技館の入口近くの壁画の様子

非常に力強いですね。

 

 

Makusita 幕下の取り組み中。

この時、お客は、まだまばら。

 

 

Juuryou 十両の取り組み、皇牙―皇司。

お客も、少しずつ増えます。

なお、この後、隣の外国人に英語で「今、どの取り組み?」(勘)

って聞かれたので、指で取り組み表の力士を探しながら

Well…Kitazakura…Sumanofuziと教え、Thank you と返ってきました。

そして私はYou’re welcomeと素早く返しました。

もう少し落ち着いていれば、Kitazakura is popular in juryo.

と追加で言えたかもしれませんね。

 

Kitazakura 映りが悪いですが、十両で私のお気に入り。

北桜。この後、豪快に塩撒きして館内が沸きます。

その後は、ベテランにも関わらずファイト溢れる相撲で勝利。

 

Yokoduna 映りが悪いですが、横綱土俵入。

中央が、朝青龍。左側にいる2人は、

北勝力と朝赤龍。

 

稀勢の里は、相撲達者な安美錦に負け。引いちゃ駄目ですね。

 

結びの一番。朝青龍―千代大海。

千代大海が、奮起したのは一旦距離が離れた時。

横綱が顔面に強烈な左張り手を浴びせた後、オーバースキルが発動。

千代大海の持ち味の張り手で喰らいつき、最後は引いて足が残り勝ち。

座布団は乱舞し、その後、弓取り式の皇牙に2枚あたりました。

 

朝青龍は、優勝してしまいましたが千秋楽で稀勢の里が8勝してくれるかが

見ものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月12日 (火)

もう少しで後期

あと、もう少しで夏季休業を終えます。

頭を切り替えて、少しでも早く起きるようにしなければ。

スポーツニュースを転々と見てましたが、なんと誰もが名ぐらい聞いたことがある

ミハエル・シューマッハが今季限りで引退してしまうようです。

最近、F1のドライバーをちょろちょろ覚えてきたというのに残念です。

通算90勝という、皇帝が遂に引退かぁ。まだ上位になる実力は十分あるようですが、

トップで終えたいという気持ちが強いのやもしれませんね。

これは、世代交代というものでしょう。

今後は、スペインのアロンソの時代になっていくのでしょうか。

とはいえ、トゥルーリやバトンやライコネン等色々いますが。

現状では残念ながらスーパーアグリ陣営は厳しそう。

 

相撲>

何かと冴えない日本人力士ですが、稀勢の里は将来の横綱候補。

何と、初日に綱とりを目指す白鵬に土をつけました!

二日目は、琴欧州に黒星でしたが…

稀なる勢いということから、稀勢の里という四股名らしいです。

相撲に関心が無くても、有名処の朝青龍、白鵬、琴欧州、把瑠都、高見盛は、

個人的には、覚えて欲しいです。勿論、稀勢の里もですが。

脳内期待の日本人力士は、稀勢、豊ノ島、豊真将、普天王、十両の栃煌山。

幕下の白石、澤井も今後注目です。

野球(というかスワローズ)>

Gに3連敗で全て1点差とは、痛すぎます。

主力中継ぎ陣が復調しない上、ラロッカ不在と厳しいですが、

Aクラス維持をしたいところです。

あと出塁率、盗塁王トップを青木、打点王をラミレスになって欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 5日 (火)

スポーツの話題

私の好きなスポーツの話を。一応人並み程度ぐらいは知っているジャンルを。

やきゅ>

球団別に注目選手を挙げると…

中日…福留 

長打力抜群で足も速いし、強肩堅守。ベストナイン&ゴールデングラブ取れそう。

阪神…藤川

防御率が、かつての大魔神を超えるノビのある直球が持ち味。

ヤクルト…岩村

本当は、青木と挙げたいですが私は岩村が一番お気に入り。30本打てるか。

広島…栗原

今は、離脱中ですがあの長打力は将来、新井、栗原で和製大砲が。

G…二岡

何だかんだで、遊撃手で一番総合的に強い。

ベイ…吉村

規定打席に届いてないが22本塁打。3割越え。恐ろしく強い。

西武…松坂

言わずも、今シーズンもよく投げる。大きいケガも無くタフ。

ソフトバンク…斉藤

松坂とのタイトル争いが気になる。にしてもソフトバンクは昔と比べガラリと変わった。

日ハム…新庄

今シーズンで引退してしまうので、素晴らしい最後を見てみたい。

ロッテ…清水直

不調でも3.40ぐらい。2001年から目をつけていただけに頑張って欲しい。

オリックス…キヨ

とりあえず、あと何年できるかどうか。

楽天…リック

珍しく、パワー型でない外国人。繋げるバッティングで3割以上。

 

今後は、恐らくセは中日。パは西武か。

 

サッカー>

オシムになったら、一つ能力が抜けていた中村や小野が召集されませんね。

どうやらオシム流”走るサッカー”には、合ってないようで。

中村辺りは、招集されても良いのですが。

あとは、若手選手が多いですね。大分や大宮からの選手もちらほらと。

 

ボクシング>

どうやら、近いうちにランダエタと亀田がまた対戦するようです。

「ベネズエラまで吹っ飛ぶよ」や「アイツ死ぬよ」と亀田節が炸裂。

こうやって自分を追い詰めてオーバースキルを出しているのかな。

 

相撲>

そろそろ始まります。今場所こそは、波乱の予感。

エストニアの怪人把瑠都が稽古で白鵬と互角の取り組みをしたり、

力で朝青龍と押し切ったりと上位陣を驚かしていたみたい。

あとは茨城の星、鳴門部屋の稀勢の里に皆さんご注目を。

 

F1>

最近、ちょろちょろっと見ることも。

シューマッハ黄金時代は終えつつ、新世代のアロンソに入れ替わるやも。

しかし、あのスピードでよくコーナー曲がれるなぁ。

 

競馬>

誰もが名前ぐらいは聞いたことがあるディープインパクトが

世界最高峰のレース、フランスの凱旋門賞に出ます。

是非1着をとってほしいものです。

関連はあまり無いですが、ディープ世代(4歳馬)は競馬に詳しい友人曰く、

ディープ以外の同世代はケガやら引退で対抗できるのがいない、らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月18日 (日)

窮地だが、どうなる?

昨日買った、ロースステーキ2枚(¥798)で2割引≒¥640で

1枚まだ残っているので今日の夕食のおかずにしようと思います。

(学生でステーキとか贅沢かな?たまには、食べたい日だってあるのですよ)

 

メインのネタですが、今書いている時間だと

日本対クロアチア戦も残り3時間ぐらいでしょうか。

ここで、引き分けか負けてしまうと、予選は無理なので

もう、勝つしかありません。

4-4-2の攻撃的なフォーメーションで挑む予定ですがどうなるのでしょうね。

FIFA的には、日本が上ですがクロアチアの方が強く見えてしまいます。

ここで、大和魂を見せつけてくれ!!

オォ~~~~~、ニッポ~~~~~ン、ニィッポン、ニィッポン、ニィ~ポ~~ン。

(応援のつもりです)

本当に、3敗とかしてしまったら、日本経済が活発にならなそうなので

勝って欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

やられたっ

野郎3人と私で、日本対オーストラリア戦を見てました。

結果…1-3で敗北。

後半の最後に3点取られるのは、そうそう有り得ません。

しかもかなり押されていた感じに見えました。

格下格下と言っているマスコミは、どう反応するのか。

何も言えないはずです。

 

私の評価だと

良かった方々

川口…他のキーバーなら5,6点は取られていたのに、よく頑張った

中田…何とかチームを統率していた。パスも悪く無い

 

悪かった方々

サントス…シュミレーションっぷりと、強引な守りが×

駒野…攻めはそこそこだが、もっと体使ってボールを止めて欲しかった

柳沢…ストライカーたる者が、役割を果たしていない

そして……

ジーコ

大黒出すタイミングが遅すぎる。3分はいくらなんでも。

そもそも、ジーコ方式が日本には合わないように感じます。

 

初戦で、負けて決勝トーナメントに行けるのは、前回だと1チームか2チームしか

いなかったようです。かなり厳しい状況なのは明白。

行ける方法とすれば…

 

ブラジル全勝 クロアチア、オーストラリア、日本1勝2敗

これで、得失点差で上回れば日本は決勝トーナメントにいけます。

 

おまけ

http://sports.nifty.com/saposta/cs/schedule/details/2006061201/1.htm

日本が先制点上げたシーンなのですが、明らかに高原がキーバーに妨害している

ように見えますがどうでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

W杯開幕

私のブログも5000ヒット超えました。

見てくださっている方々ありがとうございます。

今後も、より充実な濃いネタを更新致しますので一つよろしくお願いします。

さてさて、今日W杯開幕しますね。

なので、全グループの予選リーグを予想します。

Aグループ

1位ドイツ 2位エクアドル 3位ポーランド 4位コスタリカ

開催国は、勝ち進む傾向があるため、バラックが負傷しているとはいえ、

予選リーグでは、一つ抜けている。

他3チームは、横一線だが、エクアドルは個人技能力に優れているため

2位と予想した。

Bグループ

1位スウェーデン 2位イングランド 3位パラグアイ 4位トリニダードトバゴ

強豪国だからと言えど、予選1位とは限らない。

少々の波乱が起きると想定してスウェーデンを筆頭に上げた。

イプラヒモビッチ、ユングベリ、ラーションと攻撃陣は非常に強力。

イングランドは、怪我人がいるため、苦戦を強いられるだろう。

Cグループ

1位アルゼンチン 2位コートジボワール 3位オランダ 4位セルビアモンテネグロ

死のCグループと言っても、過言では無い。

コートジボワールは、初出場だが、2002年のセネガルのように旋風を

起こしてくれる可能性が高い。アルゼンチンは、前大会の汚名を返上するため

一つにまとまって良い結果を残すはず。

Dグループ

1位ポルトガル 2位メキシコ 3位アンゴラ 4位イラン

代表最後の出場となるであろうフィーゴ率いるポルトガルが有利。

伝統的に堅実なメキシコも無難に通過しそうである。

ただ、アンゴラの潜在能力も怖く、イランも強くなってきているため要注意。

Eグループ

1位ガーナ 2位イタリア 3位チェコ 4位アメリカ

アフリカ旋風でFIFA2位のチェコを予選リーグ敗退に陥れる可能性が高い。

イタリアは、予選リーグでは、伝統の守備力で負けない戦いをしてきそうである。

Fグループ

1位ブラジル 2位クロアチア 3位日本 4位オーストラリア

個人的には、日本1位が理想だが、身体能力等から考えれば

ブラジル、クロアチアが通過するだろう。

何とか、日本はブラジルに泥を塗れば面白い展開に成りえる。

Gグループ

1位フランス 2位韓国 3位トーゴ 4位スイス

フランスがアンリ、ジダンの力で1位突破濃厚。

韓国も、パクチソンを筆頭に善戦はしてくるであろう。

トーゴ、スイスは、やや厳しいものがある。

Hグループ

1位スペイン 2位ウクライナ 3位チュニジア 4位サウジアラビア

スペインが総合的に抜けている。

天才プレイヤー、シェフチェンコ率いるウクライナが2位に食い込むと予想。

他の選手だとサウジアラビアのDFアブラデシズ・ハスラーンの髭っぷりに注目。

 

おまけで少しだけAC

レンさんがバナー作って下さった際にバナーの左側のマークが偉い気に入り、

メインデータのエンブレムを書き換えました。

マークだけなので、バックの変更は無しです。

私は、そうっぽく見えますが。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

ドイツW杯

関心がある方も無い方も、今年はW杯開催するのは、ご存知かと思います。

日本は、予選リーグで、オーストラリア、クロアチア、ブラジルと戦います。

ちなみに、2002年は、ベルギー、ロシア、チュニジア。

1998年は、アルゼンチン、クロアチア、ジャマイカ。

 

で、日本はどういうスコアでどういう結果になるか……

実力的に、予選リーグ突破は難しいので

対オーストラリア  2-0 勝ち

対クロアチア    0-1 負け

対ブラジル     0-2 負け

1勝2敗で予選リーグ突破はならず。

 

予想している方は、是非書き込みどうぞ。 

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年5月30日 (火)

ふぬぅ

交流戦絶好調のヤクルトですが、不安なことが。

それは、投手陣です。防御率

石川          4.15

藤井          4.08

石井一         4.73

 

先発三本柱なんですが、イマイチピリっとしません。

ちなみにロッテ三本柱

清水直         2.10

久保          2.95

小林宏         1.35

ちなみに阪神三本柱(投球回が多い先発)

井川          3.92

江草          2.96

下柳          3.70

 

先発ローテーション守っている投手陣がしっかりしなければ

シーズンで優勝は出来ないです。

頑張れヤクルトスワローズ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

そして、両国へ

SE終えて、父と両国国技館に行ってきました。

ちょうど昼時だったので、御茶ノ水で、ラーメン大盛を軽く食してから

両国駅へ。

 

相撲は、幕下力士上位から。

中々見ごたえある取り組みもあり、楽しめました。

知っている力士もちらほら。

期待の下田は、僅か1場所で十両昇進でしょう。

そもそも、学生横綱なのか、幕下付出しからスタートらしく

それに全勝したら一発で十両にいけるらしいです。

幕内経験のもみ上げ闘牙、隆の鶴が引退してちょっとさみしい。

幕内経験の玉飛鳥も3-3。ケガがあったからなぁ。

 

次は、十両の入場。

今場所は、非常に混戦で4,5敗力士が多いです。

誰が優勝するか、分からない状況です。

動きから見ると、豊桜が良さそうだなぁ。

 

そして、幕内力士の登場。

周りは、フラッシュたきまくりです。声出す人も結構いたり。

取り組み

嘉風ー北桜

ごひいき力士その1。自称24歳北桜を応援。塩撒きで有名。

ファイトある若さ溢れる相撲を見せたが惜しくも負ける。

土佐ノ海ー豊真将

期待の豊真将を応援。が、脚の痛みがあるため、またしても負ける。

片山ー玉春日

四股が綺麗で有名な片山。が、玉春日得意の相手の動きを伺う上手い相撲で

片山負け。四股が綺麗でも勝たなくては…。

栃乃花ー時津海

苦労人元三役、栃乃花。が、不調の時津海に負ける。

栃乃洋ー十文字

三役経験金星も多い栃乃洋。が、最後のところで十文字に逆転される。

白露山ー豊ノ島

露鵬の弟(頭がきてる…)、若手のホープの一人である豊ノ島に頑張って欲しかったが

豊ノ島が負けてしまう…

武雄山ー普天王

突き押し特化の武雄山と元三役普天王。

突き押しを耐えて、普天王がまわしつかんで勝ち。

出島ー高見盛

相撲に関心が無くても、聞いたことあると思われる高見盛。

今回もロボコップ風の入場+気合で館内を沸かせる。

が、簡単に寄りきられる。高見盛は終盤弱い傾向にあるようです。

北勝力ー玉乃島

突き押し北勝力のはずなのに、はたき込みだったか、突き落としで勝ち。

ちょっと、つまらない相撲だった。

露鵬ー岩木山

ごひいき力士その2。ぶちかましの岩木山。

露鵬の力が、強かったのか岩木山が負け。7-7になってしまった。

春日王ー時天空

足技多彩な時天空なのだが、春日王ペースになり、そのまま決着。

旭鷲山ー朝赤龍

ごひいき力士その3。技のデパートモンゴル支店こと旭鷲山。

諸手や、いなしや引きをする前に朝赤龍に一気に攻められてしまった。

若の里ー安美錦

怪力若の里と、粘っこい安美錦。面白い取り組み。

力強い相撲で若の里の勝ち。負け越した後に連勝とようやくらしくなってきた。

垣添ー稀勢の里

ごひいき力士その4。将来の横綱候補、稀勢の里。

垣添の素早い出だしにも、動じず、しぶとく攻めて勝利。

これで負け越しはせず7-7。千秋楽で勝てば……

琴奨菊ー旭天鵬

琴奨菊の素早い攻めで一気に寄りきり。

朝青龍っぽい素早い攻めだった。

安馬ー豪風

調子悪い力士対決。

豪風元気無く負ける。まだ1勝しかしていない。

黒海ー琴光喜

黒海の馬力が勝り黒海の勝ち。琴光喜は、

かつて、凄く期待されていたのに大関に上げれない…

雅山ー把瑠都

最も、注目の一戦。雅山は、まわしをつかまれないように

腕を伸ばし、一気に攻める。引いた把瑠都は、そのまま負け。

雅山1敗をキープ。

琴欧州ー魁皇

ケガしている大関同士の対決。

魁皇の方が深刻なのか、琴欧州が勝つ。

白鵬ー千代大海

白鵬がよく見て、回転あるつっぱりの間に、はたき込んで

白鵬の勝ち。こっちも1敗キープ。

 

そして、帰りに、また御茶ノ水でメシを。

店の名前は、肉のマンセーでなくて、肉の万世で食事。

鉄板焼を食べました。とってもウマーです。

ご飯も2杯いってちょっと、食いすぎたかも…

 

肉マンセー。

幕内全取り組み結果を書くのは、中々骨が折れました。

でも、こうやって書くのは面白い。

稀勢の里は、頑張って欲しいです。茨城の星ですよ。

私と年齢タメですし。そもそも、厳しい部屋と言われる鳴門部屋に入り、

真面目に稽古しているところが素晴らしいです。

(余談ですが、鳴門部屋は、外国人力士は取らない形らしいですよ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

快心撃

交流戦で、スワローズが絶好調です。

交流戦成績

ヤ10-8西 ヤ14-8西 ヤ14-3西

ヤ3-6オ ヤ3-2オ ヤ9-4オ

ヤ10-9楽 ヤ6-1楽 ヤ3-1楽

8勝1敗。勿論、交流戦首位。

とりあえず、捕手は、古田選手兼監督と米野の併用。

内野は、リグス、ラロッカ、宮本、岩村で外野がラミレス(DH)、青木、宮出、真中

といったところでしょうか。

打線が絶好調なので、全員以前よりは打ててます。

強いて言うならば、青木と岩村がもうちょっと打てれば満足です。

控えは、外野の飯原に期待。

 

先発陣は

エース石川に続き、藤井、石井一、ガトームソンが軸で、

現在は、ルーキー松井や、館山。

近く、ゴンザレス&川島が1軍合流すると思いますが。

中継ぎは

吉川、木田、高津、五十嵐、

高井、花田は、やや不安定なのが気になるところ。

抑え

石井弘は、ここ2試合セーブは取っているけど、ともに2失点。

まぁ、次登板するときは、無失点だと思います。

 

今日は、ソフトバンク戦ですね。

先発投手力が12球団で最も強いと言っても、おかしくないので

繋ぐ野球を見せたいところ。

野手も1~5番は、脅威。

ソフトバンク上位打線予想

1大村 2川崎 3柴原 4松中 5ズレータ

井口、城島がまだいたら、G並に打線が鬼です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧